So-net無料ブログ作成

運転がしやすいのはどっち?|レヴォーグ/レボーグとCX-3を比較

CX-3画像003.jpg

先日、マツダのディーラーに行って、
小型SUVのCX-3(CX3)の試乗をさせてもらいました。

LEVORG(レヴォーグ/レボーグ)とCX-3(CX3)はクルマのタイプや
カテゴリーは全く違いますが、どちらのクルマを購入しようか
迷っている人は意外と多いみたいです。

そんなCX-3(CX3)を乗せてもらったのですが、
LEVORG(レヴォーグ/レボーグ)とは乗り心地・加速力の感じは
全く違いました。

>>> 乗り心地の違いはコチラから

乗り心地・加速力は、正直LEVORG(レヴォーグ/レボーグ)の方が
良いと思いましたが、運転がしやすいのは、CX-3(CX3)でした。

レヴォーグ画像00018.JPG

CX-3(CX3)を試乗してみて良いと思ったのは、
SUV車なのでアイポイントが高い事。


着座位置が低く視線が低いLEVORG(レヴォーグ/レボーグ)とは、大違い。

やはりアイポイントが高いと、運転をしていて車高が高いと遠くまで
見通すことが出来る安心感は、良いと思いました。


アイポイントの低いLEVORG(レヴォーグ/レボーグ)にいつも乗っているので、
余計にCX-3(CX3)のアイポイントの高さが良いと思いました。

レヴォーグ画像00004.JPG

また、CX-3(CX3)で良いと思ったのは、ボディサイズ。

LEVORG(レヴォーグ/レボーグ)は、日本の路面状況を考慮したサイズと
スバルは言っていますが、それでも大きい・・・。

未だに細い路地などを運転すると気を使います。

LEVORG(レヴォーグ/レボーグ)とCX-3(CX3)のボディサイズを
比べるとこのようになっています。

■LEVORG(レヴォーグ/レボーグ)のボディサイズ
全長:4,690mm
全幅:1,780mm
全高:1,485mm

■CX-3(CX3)のボディサイズ
全長:4,275mm
全幅:1,765mm
全高:1,550mm

この2台を比べて見て、特に異なるのは全長。
実際に運転してみると、CX-3(CX3)はボンネットが短く
とても運転がしやすかったです。

スポーティーな乗り心地や走りを楽しむなら
LEVORG(レヴォーグ/レボーグ)の方が向いていると思います。
しかし、運転のしやすさや取りまわしのしやすさは
CX-3(CX3)の方が圧倒的に良いと思いました。


>>> レヴォーグとCX-3のボディサイズの違いはコチラから

ちなみに、私が22万円の値引きで、レヴォーグ1.6GT-Sを購入できました。
私の値引きしてもらった方法はコチラから。
>>> レヴォーグ 値引き

試乗車はいつから?|レヴォーグ特別仕様車"プラウド エディション"

レヴォーグ画像00071.JPG

スバルのステーションワゴンLEVORG(レヴォーグ/レボーグ)から
Proud Edition(プラウド エディション)が2015年6月8日に発売されましたね。

私はもうすでにLEVORG(レヴォーグ/レボーグ)を購入しているのですが、
タイヤのサイズが異なる特別仕様車のプラウドエディションが、
少し気になっています。

>>> プラウド エディションの特徴はコチラから

しかし、もうすでに発売されてからずいぶん日にちが経つ
"レヴォーグ Proud Edition(プラウド エディション)"ですが、
ディーラーさんに試乗車が届いていない・・・。


そこで、私がいつもお世話になっている神奈川スバルの
ディーラーさんに"レヴォーグ Proud Edition(プラウド エディション)"の
試乗車はいつ頃から用意が始まるのか聞いてみました。

レヴォーグ画像00018.JPG

ディーラーさんの話によると、
おそらく"レヴォーグ Proud Edition(プラウド エディション)"の
試乗車は、2015年7月くらいから可能になるのではないかとの事。

ディーラーさんの方にも詳しい情報は、
入ってきていないみたいですが・・・。

また、どの店舗に"レヴォーグ Proud Edition(プラウド エディション)"が
用意できるかも不明のようです。
ちょっと残念ですね。

今回私が確認したディーラーは、神奈川スバルです。
他の系列店では対応が異なると思います。
もし"レヴォーグ Proud Edition(プラウド エディション)"を試乗したいなら、
近くのディーラーに確認をしてみると良いかもしれませんね。

レヴォーグ画像00005.JPG

ちなみにに、"レヴォーグ Proud Edition(プラウド エディション)"の
売れ行き状況はまずまず見たいです。


特に、1.6GTに関しては、標準モデルよりも
"レヴォーグ Proud Edition(プラウド エディション)"の方が
人気になっているみたいです。

もし"レヴォーグ Proud Edition(プラウド エディション)"を
できるだけ早く購入したいなら、早めに注文したほうが良さそうです。


ちなみに、私が22万円の値引きで、レヴォーグ1.6GT-Sを購入できました。
私の値引きしてもらった方法はコチラから。
>>> レヴォーグ 値引き

レヴォーグProud Edition(プラウド エディション)は、値引きもキビシメ。
値引きをしてもらうためには、しっかりと商談する必要がありそうですね。

レヴォーグB型にディスプレイコーナーセンサーも装備可能になった!?

レヴォーグ画像00071.JPG

スバルから発売されているステーションワゴンの
LEVORG(レヴォーグ/レボーグ)

初期モデルの時から人気のオプションの一つが、
ディスプレイコーナーセンサー。

ディスプレイコーナーセンサーとは、
壁などの障害物が地がづいてくると音や表示などで
警告してくれる機能の事。

LEVORG(レヴォーグ/レボーグ)の初期モデルが発売されているときは
ディスプレイコーナーセンサーが人気過ぎて納期・納車待ちが
遅くなったり、注文停止になったほど・・・。
ちょっと驚きですよね。

もうすでに注文停止は解除されてみたいですが、
LEVORG(レヴォーグ/レボーグ)のB型で新たな問題が・・・。

レヴォーグ画像00018.JPG

それはレヴォーグ/レボーグのB型にアドバンスセーフティパッケージを
装備するとディスプレイコーナーセンサーが装備する事ができなかったようです。


私はA型に乗っているので知りませんでした・・・。

どうやらアドバンスセーフティパッケージと
ディスプレイコーナーセンサーの機能がお互いに干渉してしまうので、
どちらか一方のみしか装備できなかったようです。

また、この事に関してお客さんから残念がる声が結構あったようです。

レヴォーグ画像00005.JPG

しかし、仕様が改善され、7月生産分のLEVORG(レヴォーグ/レボーグ)B型から
アドバンスセーフティパッケージとディスプレイコーナーセンサーの
両方を装備する事が可能になったようです。
(いつもお世話になっているディーラーさんに確認済みです)

ディスプレイコーナーセンサーも装備すれば、細い路地の運転など
安全面がアップするので嬉しいですよね。

これからB型の購入を検討している人で、もしディスプレイコーナーセンサーが
ほしいのなら、注文する際に確認してみてくださいね。

また、もうすでにLEVORG(レヴォーグ/レボーグ)B型を注文してしまった人でも
納期・納車待ちは伸びてしまいますが、再注文する方法もあります。


もしLEVORG(レヴォーグ/レボーグ)B型にディスプレイコーナーセンサーが
ほしかったら、一度相談してみるのも良いかもしれませんね。


ちなみに、私が22万円の値引きで、レヴォーグ1.6GT-Sを購入できました。
私の値引きしてもらった方法はコチラから。
>>> レヴォーグ 値引き



Copyright © レヴォーグ試乗インプレ ~乗り心地・燃費レビュー~ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。